やまと(倭)は国のまほろばBlog

美しい国日本を守るため歴史、経済、政治面から社会についての思想的考察を行います

日本の自動車産業が駄目になる?官民挙げてEV化対応を急ぐ必要性

ダイヤモンドオンラインを見ていたら、下記の様な記事が目に止まりました。

ダイヤモンド副編集長が書いている記事ですが、世界的EV化の流れはメーカー、国を巻き込んだ戦いであり、トヨタ潰しへの挑戦でもあると。

diamond.jp

 これは全くその通りであり、日本も官民合わせた強力な対策を取らないと、日本から産業が無くなるような事態に陥る位大きな問題です。その意味ではまだ危機感が足りないと思います。

以前にも書きましたが、EV化の流れはヨーロッパ特にドイツ車でのディーゼルエンジンでの不正を受けての挽回、中国での産業活性化と原発含めた一帯一路戦略等国を挙げての戦いとなっている。新重商主義とも呼ばれます。

 

ymahoroba.hatenablog.com

 

又機器的には、車がEV化すると自動運転中心に必ずOSを握る所がそれを制する事になる。これはパソコンや携帯電話の歴史を見ても間違いない。デジタル化はハードのすり合わせといった技術が必要なくなり、ソフト主体に動きますから当然と言えば当然だが法則といっても差し支えないでしょう。

 

ymahoroba.hatenablog.com

 

そういった意味では、以前にも書きましたが日本はこのEV化の流れを少しでも遅らせ、PHVといった技術を高め、対抗し、自動車産業を守り抜かないといけません。

そもそも世界的に通用するOSを生み出そうといった発想、戦略が日本にはありませんし、日本の強みは精密な部品を作り上げてゆく所にあります。EV化の流れは今後止めることはできませんが、少しでも遅らせ、重要な部品であるエンジンを守ってゆく為にいい意味でもっと官もサポートすべきではないでしょうか。

中国やドイツなどは間違いなく政府の後押しがあり、本件を進めているのは確実だと思います。

 

グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書)

グローバリズム その先の悲劇に備えよ (集英社新書)